企業型確定拠出年金

働きながら将来の安心を「企業型確定拠出年金」

企業型確定拠出年金は、ご自身で運用する年金制度です。
運用は将来の年金資産に影響します。社員の将来を考えるからこそ、導入を検討する経営者が多くいらっしゃいます。

自企業型確定拠出年金とは、企業が掛金を毎月積み立て(拠出)し、従業員(加入者)が自ら年金資産の運用を行う制度です。従業員が自動的に加入する場合と、加入するかどうかを選択できる場合があります。

従業員は掛金をもとに、金融商品の選択や資産配分の決定など、さまざまな運用を行います。そして定年退職を迎える60歳以降に、積み立ててきた年金資産を一時金(退職金)、もしくは年金の形式で受け取ります。ただし、積み立てた年金資産は原則60歳まで引き出すことはできません。

企導入にあたり年齢は関係ありません。
若い社員だからこそ、その先の将来を考えるきっかけを与えてあげるチャンスが必要です。

自分の未来は自分で考える時代。
少人数からの制度導入と、導入後に必要な社員向け継続教育の実施をサポートいたします。会社のそして社員の将来のためにぜひお気軽にご相談くださいませ。

企業型確定拠出年金導入のメリット

退職金の積み立てに確定拠出年金を利用することで従業員の老後資産を有利に準備できます。

<確定拠出年金の税制優遇措置>

掛金積立
  • 所得税が非課税
  • 住民税が非課税
  • 社会保険が対象外
運用
  • 運用益非課税
受給
  • 一時金は退職所得控除の対象
  • 年金は公的年金等の控除の対象

リスクを抑えた安定的な運用をするには?

安定的な運用のポイント 安定的な運用のポイント

法人向けサービスへ