IFAとは

すべてはお客様の利益のために

長野フィナンシャルは独立系ファイナンシャル・アドバイザーとして、お客様に寄り添ったご提案をいたします。
わたしたちは、資産運用のアドバイスを行う専門家です。

IFAとは「Independent Financial Advisor」の略で、どんな金融機関からも独立しているため、顧客本位の立場から資産運用のアドバイスを行う専門家です。日本では「独立系ファイナンシャル・アドバイザー」と呼ばれ、銀行や証券会社をはじめとする特定の金融機関から縛られることなく高い独立性を保った事業体として運営をしています。そのため、お客さまの利益を重視した専門的かつ親身なアドバイスが可能です。

IFAの存在価値

金融先進国である米国では、医師や弁護士などと並ぶ人生に不可欠な専門家として社会的地位も高く、多くのアドバイザーが活躍しています。一方日本では、まだその地位が確立できておらず、認知も低いのが現状です。

IFAとして業務を行うには内閣総理大臣への登録が必要で、正式には「金融商品仲介業者」に位置付けられます。証券会社などの「金融商品取引業者」と業務委託契約を結び、投資信託や株式、債券などの金融商品の提案を行います。ですが、金融商品取引業者からノルマなどを課されることはなく、複数の証券会社と委託契約を結ぶケースも少なくありません。そのため、金融機関の都合ではなく、あくまで顧客の視点に立ったアドバイスを提供できるのです。

IFAには、原則として転勤はありません。保険代理店や銀行代理店を兼ね、保険商品や住宅ローンなどを取り扱えるIFA法人も増えていますから、まさに生涯にわたって金融面から顧客を支え続けられるのがIFAだと言っても過言ではないでしょう。

お金は人生においてはとても大切なこと。
私たちは一緒に人生を考えるパートナーとしてお客様と共に歩んでいきます。
資産運用の必要性が高まっている中、日本においてもIFAの存在意義は確実に高まっているのです。

IFA(独立系ファイナンシャルプランナー)としての誓い

独立的な立場でお客様に資産運用のアドバイスを行う金融の専門家として、世界の政治経済動向、マーケット、制度など様々な環境変化にも気を配り、専門的な知識と経験に基づく適切なアドバイスを提供します。
お客様の生涯を共に歩むパートナーとして資産の管理・運用、資産継承などさまざまなご要望に対し専門家として最適な提案を行います。お気軽にお問い合わせくださいませ。

  • 1.お客様本位

    常にお客様の立場に立って考え、誠実に対応します。

  • 2.未来を共に

    常にライフプランニングを徹底し、お客様に寄り添い続けます。

  • 3.自己研鑽

    常にプロとして知識、情報の習得・蓄積に対する努力を惜しみません。

  • 4.豊かな発想・想像力

    常に時代のニーズを先取りして実現的な解決方法を提案します。

  • 5.世代を超えて

    常に転勤のないファイナンシャルプランナーが継続して担当します。

  • 6.社員一丸

    常に専門知識を有した社員全員でサポートします。

  • 7.不変

    上記の誓いは不変です。

会社案内