話題の「GoToキャンペーン」をもう一度確認しよう!①
児玉 悟

新型コロナウイルスの第2波か?と言われていた7月22日から落ち込んだ旅行需要を喚起するため、宿泊を伴う旅行および日帰り旅行代金の最大5割を国が補助する観光支援策として制度がスタートした「GoToトラベル」ですが、皆様活用しましたか?

どうしても感染拡大予防の観点から「こんな時期に旅行していいものか…」と躊躇してしまい、利用も足踏みしてしまいますよね。
これを書いている筆者の私もGoToトラベルキャンペーンをまだ使っていません。
今回はそんな話題のGoToキャンペーンについて触れようと思います。

GOTOキャンペーン

今のところ先行してスタートしたトラベルキャンペーンだけが注目されていますが、そもそも「Go Toキャンペーン事業」は、旅行や飲食、イベントや商店街を対象としたキャンペーン事業になります。なんと1兆6,794億円もの補正予算案が組まれており、新型コロナウイルスの影響により低迷した国内需要を喚起させる目的があります。

現在計画されているGoToキャンペーンは以下の4つです

  • ①GoToトラベルキャンペーン
  • ②GoToイートキャンペーン
  • ③GoToイベントキャンペーン
  • ④GoTo商店街キャンペーン

既にスタートしているトラベルについてあらためて制度を確認しましょう。

<GoToトラベルキャンペーン>

①国内旅行を対象に旅行代金の1/2相当額を国が支援

補助額の内訳は、旅行代金の35%に当たる部分を割引し、15%に当たる部分は旅行先の登録加盟店で幅広く利用できる「地域共通クーポン」として受取ることが出来ます。
(上限:1人1泊あたり2万円 日帰り1人1万円)

※旅行代理店には日帰り旅行についての質問が多く寄せられているようです。
今回の対象になる日帰り旅行とは、運送サービス(鉄道や飛行機)と他の観光プランやアクティビティがセットになったものを指します。
例えば旅行代理店や予約サイト経由で予約する、「往復の乗車券等の移動」と「旅行先での食事や観光体験等」のセットプラン等が対象です。
よく新聞広告などで目にする日帰りバス旅行プランなどが分かりやすいと思います。
つまり遠方にご実家があり、帰省の為に新幹線を利用した。このような場合は補助の対象にはならないということですね。

また、地域共通クーポンは旅行対象の地域でお土産の購入や飲食店での飲食代、観光施設利用の代金として利用することが可能です。
※換金性の高い商品券などには使えません。

GOTOトラベルキャンペーン
①GoToトラベルキャンペーン

②申込は旅行代理店やオンライン予約サイトから

キャンペーンに参加する旅行会社やオンライン予約サイト、宿泊事業者から申込むことができます。開始当初は旅行後に還付申請手続きが必要で後日還元という流れでしたが、現在は割引価格での旅行プランを発売しており、後日別途申請などは必要ありません。

③早期終了する場合もあり

今回のGoToトラベルは2021年1月31日までの宿泊分が対象となりますが、用意された約1.1兆円の予算をそれまでに使い切ってしまったら早期終了する場合があると観光庁は明示しています。報道では今のところ低調と聞いているので状況が好転しなければ1月末まで利用可能と考えてもいいかもしれません。

今回は話題のGoToトラベルについてお伝えしましたがいかがでしたか?