火災保険の基礎知識
小林 寿矢

そもそも「火災保険」ってナニを補償するのでしょうか?

「自動車保険」は自動車が事故で壊れた時などに補償する(保険金が支払われる)保険だと言うことが分かりますが、「火災保険」が補償する“モノ”とは何でしょう?

火災保険は、一戸建てやマンション、ビルなどの“建物”と、建物の中にある家具や什器などの“動産”を補償します。“建物”や“動産”などの補償の対象になるモノを火災保険では「保険の対象」と呼んでいます。

火災保険は、この「保険の対象」ごとに加入する仕組みになっていますので“建物”だけに保険をかけた場合は、火事で家が燃えてしまったときに受け取ることができる保険金は、“建物”が受けた被害の分だけになります。この場合、“動産”の被害については保険金を受け取ることができません。“動産”も「保険の対象」として火災保険を申し込む必要があります。ここで言う“動産”は家庭で言う家財となります。

「火災保険」ってどんな事故を補償するの?

「火災保険」は、火事で家が燃えてしまったときに補償(保険金をお支払い)しますが、火災保険で補償される事故は“火災”だけではありません。
どんな補償内容があるのか確認してみましょう。

① 火災、落雷、破裂・爆発
② 風災、雹災、雪災
③ 水災
④ 建物外部からの物体の落下・飛来・衝突
⑤ 漏水などによる水濡れ
⑥ 騒じょう・集団行動に伴う暴力行為
⑦ 盗難による盗取・損傷・汚損
⑧ 不測かつ突発的な事故(破損・汚損など)
⑨ 諸費用

例えば、雷が落ちて電化製品が壊れたなどの“落雷”による損害、台風で屋根が壊れてしまったなどの“風災”による損害や、洪水で床上浸水した場合などの“水害”などの自然災害による損害や、液晶テレビをテレビ台から誤って落としてこわしたしまった場合などの“破損・汚損など”による損害。

このように火災以外の補償も多く保険金のお支払いとなっています。

ご自身で火災保険の補償範囲を決めることが難しい、分からない方は「ハザードマップ」を確認してみてはいかがでしょうか。各市町村ではハザードマップをホームパージに掲載しています。土砂崩れの危険性や水害による危険度などご自宅がどの様な環境にあるか知ることも補償を決める上で重要です。最終的には保険のプロに相談することをお勧めします。

火災保険の意外な補償、さまざまなオプション設定が可能です!
昨今の火災保険商品は①~⑨の補償以外に特約として必要な補償を追加することができます。

例えば

・弁護士費用特約
日本国内で発生した被害事故によって死傷したり、財物に損害を受けたりして、相手の方に損害賠償請求を行う場合の費用や、法律相談を行う場合の費用を補償します。

・類焼損害特約
お住いからの失火で近隣の住宅や家財に延焼してしまった場合に、法律上の損害賠償責任がなくても、近隣の住宅や家財を補償します。

・個人賠償責任特約
日常生活において、お客様ご自身または家族の方が他人にケガを負わせたり、他人の物を壊したりした結果、法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害を補償します。

・受託物賠償特約
預かり物やレンタル品を壊してしまった場合など、持ち主に与えた損害を補償します。

・借家賠償・修理費用特約
事故によって借用住宅が損壊等した場合の賠償金や修理費用を補償します。
 *保険会社により特約が異なる場合があります。

色々な特約を付けることが可能となりましたが補償の重複(他の保険に付けていた)も多く見受けられます。火災保険を検討している、見直しを検討している方は、プロに相談することをお勧めします。