生命保険に入る前に考えたいこと
児玉 悟

皆さん生命保険に入っていますか?

生命保険文化センターの調べによると日本人のおよそ80%の人が
生命保険に何かしら加入している
という調査データが出ているようです。
そうですよね。読者の皆さんも多分きっかけは何かしらあったと思いますが、
何かしら生命保険に加入しているのではないかと思います。

私たちの生活に身近な生命保険ですが、どのくらい必要性を感じて入っているものでしょうか。
中には「なんとなく入ってしまった」「付き合いで仕方なく」こんな理由もあるかと思いますが、ご法度です!

今回はそんな生命保険について細かくお伝えします。

<生命保険の役割は?>
それでは皆さんが入っている生命保険ですが、社会的な立ち位置としてはどのような存在なのでしょうか。

まず考えておかなければならないのは社会保障の存在です。
例えば病気で入院をした時、実費で請求されることはありませんよね?
私たちが住む日本では国民皆保険制度がありますので誰もが健康保険に加入していますので実際は3割負担(7割健康保険が負担)で済むはずです。社会保障で10割賄うことが出来ていれば私たちが加入している医療保険は必要ありません。
従って生命保険の役割は「社会保障の足りない部分の穴埋め」ということになります。
そう考えると社会保障を知っておくことってすごく大事なことじゃないですか・・・?
その上で生命保険がどれくらい必要なのか考えることがとても重要です。

<保険の目的を考えよう>
保険の見直しや新しく保険に入る時は「目的」と「サイズ」が重要です。
そこで意識するのが3つのポイントです

① 目的
何の為の資金なのかを明確にしましょう。例えば「自身に万一があった場合の配偶者の生活費」や「病気で入院した場合の治療費」など具体的であればあるほどいいですね。

② 保険金額
目的が決まったあとに考えたいのが「いくら必要なのか」です。
これは上記の社会保障でどのくらいの保障があって、必要な分はいくらあればいいのかが分かるはずです。
こちらについては細かい金額は自分で決めるのも大事ですが、一度弊社にご相談いただくといいかと思います。

③ 保険期間
併せて考えたいのが「いつまで保険があればいいのか」の期間ですね。
例えば万一時の教育資金の為の保険だったとしたら、それが一生涯の保障である必要はないですよね。このようにそれがいつまで必要なのかもとても重要な要素になります。

この3つのポイントをまずはセルフチェックしてみましょう。

<Study!>

保険のことを考えると陥りやすいのが、「あれもこれも心配になってしまう」という状況です。
これは誰もが一度はあるかもしれません。
そこで大事になるのは「優先順位」と「どの時点で保障(お金)があればいいのか」を考えることです。
例えばがん保険もガンの治療費が心配なのか、ガンになった後の生活費が心配なのかによっては全然違う保険のカタチになるはずです。

今回は保険に入る前に考えて欲しいことを記事にしました。
3つのポイントやあれもこれも保険に頼らない考え方をお伝えしましたがいかがでしたか?

時代の変化と共に保険商品は刻一刻と変化していますので、数年前に契約した方も一度内容の確認をすることからはじめましょう♪