今後は必須!?「ドライブレコーダー特約」
小林 寿矢

自動車運転をしていれば、いつ事故やトラブルに巻き込まれるかわかりません。
「あおり運転」による事故やトラブル、飲酒運転事故や道路交通法を無視した事故などの映像がメディアやSNSに露出したことから、ドライブレコーダー装着への意識が高まっています。 そんな中で自動車保険を取り扱う損害保険会社はドライブレコーダー特約(ドラレコ特約)を新たに開発し商品化しました。

ドライブレコーダー特約

そもそもドライブレコーダーって何?

ドライブレコーダーは、映像や音声などを記録してくれる自動車用の車載装置です。交通事故の発生状況をする事を主な目的として取り付けています。販売されているドライブレコーダーは安いもので1万円前後で購入することができます。また多くの機能を備えたものもあり高額な商品もあり、何を基準に選べばよいか迷ってしまうケースもあります。そんな時は自動車保険のドライブレコーダー特約がある保険会社を検討してみるとよいかもしれません。

ドライブレコーダー

自動車保険の「ドライブレコーダー特約」って何?

ご自身で購入して取り付けたドライブレコーダーは対象外となります。この特約を付けたことによる保険料の割引はありません。(一部の保険会社ではドライブレコーダーが計測した情報をもとに運転特性の基準を満たした場合、継続時に割引があります)
 
自動車保険の会社からレンタルを受けたドライブレコーダーは月額1000円以下の特約保険料で契約する事が出来ます。一時払いや年払いにするとさらに特約保険料は安くなります。事故発生時の一部終始を記録している事はもちろん、危険を知らせたり、緊急時に事故受付センターに自動通報する機能などが備わっており、万が一の事故の際のサポートと事故後の解決に役立つ役割を十分に備えています。
*通信環境により事故にあわれた場所などの把握や通話ができない場合があります。

「ドライブレコーダー特約」のメリット

ドライブレコーダー特約はドライブレコーダーを自分で購入しなくても、契約している自動車保険会社からレンタルできます。借りたドライブレコーダーを取り付けることにより、万が一の事故の際のサポート体制がドライブレコーダー特約なしの場合に比べスムーズになる点が挙げられます。保険会社からレンタルされるドライブレコーダーは、衝撃を検知すると自動で事故受付センターに連絡されるようになっています。通話機能が備わっている場合もあり、自分で保険会社に連絡しなくても事故対応スタッフのサポートを素早く受けられることがメリットです。
 
事故状況を記録したドライブレコーダーの情報は自動的に保険会社に通知されます。ドライブレコーダー搭載車の特徴ですが、事故時の映像はもちろん、位置情報や時間なども保存されます。保険会社から借りたドライブレコーダーであれば、その映像を後日提出する手間がなく、自動で保険会社に通知される点も特徴です。ドライブレコーダーに記録された情報は、相手の事実と異なる証言などに惑わされることもない貴重な証拠となります。
また、危険を察知した時のアラート機能がついていたりと事故をおこさないための安全運転支援の機能が備わっているなど安全運転に配慮されている点もポイントです。

「ドライブレコーダー特約」のデメリット

ドライブレコーダー特約はドライブレコーダーがレンタルとなるため、ドライブレコーダー単体で考えると自費で購入した方がお得言えるでしょう。保険会社からレンタルするドライブレコーダーは保険会社を解約する場合や乗り換える場合には返却しなければいけません。
現在ドライブレコーダー特約のある保険会社は限られています。もちろん、ドライブレコーダー特約だけの契約は出来ないため、ドライブレコーダー特約を付けたい場合は、ドライブレコーダー特約のある保険会社で自動車保険を契約する必要があります。

ドライブレコーダーの取り付けを検討されている方、新しい機種に変更を検討されている方、自動車保険「ドライブレコーダー特約」も一度検討されてはどうですか。